読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほんのいきぬき

こどもと読んだ本について書いています

せいめいのれきし

絵本 4歳

生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)』という本でも有名な生物学者の福岡先生と阿川佐和子さんの対談集「センス・オブ・ワンダーを探して」でやたらと紹介されていたので購入してしまった(ちなみにどちらの本もとてもオススメ)。

せいめいのれきし―地球上にせいめいがうまれたときからいままでのおはなし (大型絵本)

せいめいのれきし―地球上にせいめいがうまれたときからいままでのおはなし (大型絵本)

書かれているお話どおりに読むのはまだ難しいけれども、簡単な説明をしながら画面の絵について見ていくというスタイルで、それなりに読書を楽しんでいる感じ。いままでは恐竜=怪獣だったのだけれども、恐竜は昔地球にいた生物だということがなんとなくわかってきたようだ。

f:id:kent4989:20130303180934j:plain

そういえば、まだ大きな博物館には行っていないので、本書をきっかけに行ってみようかなと思っている。

広告を非表示にする